イベント

働く世代, シニア, イベント, 協賛

小早川秋聲展 旅する画家の鎮魂歌 

8月7日~9月26日

企画書のダウンロードはこちら

小早川秋聲展 旅する画家の鎮魂歌 

この企画について

小早川秋聲(1885-1974)は、大正期から昭和期にかけて京都を中心に活躍した異色の日本画家である。
鳥取県日野町黒坂光徳寺住職小早川鐵僲と、元摂津三田(現在の兵庫県三田市)藩主九鬼家ゆかりのこう(幸子)の長男として生まれた秋聲は、本名を盈麿(みつまろ)といい、幼少時は母親の里である神戸の九鬼子爵邸内で育った。
9 歳のとき東本願寺の衆徒として僧籍に入り、その後、東本願寺の財務部長の勤めを終えた父とともに光徳寺に帰郷するものの、画家になることを志して神戸の九鬼家に戻り、真宗高倉大学寮(現在の大谷大学)に入学。明治 38 年、20 歳にして谷口香嶠に師事する。明治 42 年に京都市立絵画専門学校(現在の京都市立芸術大学)に入学するがまもなく退学、水墨画を学ぶために中国へ渡り、東洋美術を研究する。また、この頃から日本美術協会展、文展、帝展に出品し、多数の作品が入選している。谷口香嶠の没後、大正 5 年に山元春挙に師事し、のちその画塾早苗会の幹事にもなっている。
しばしば中国に渡り東洋美術を研究、欧州を旅し西洋美術を学び、また北米を訪れて日本美術を紹介するなどもした。昭和 7 年以降、従軍画家として中国、東南アジアなどにたびたび派遣され、戦争記録画を描くようになる。代表作《國之楯》は軍の受け取りを拒否され、長く秘匿されていたが、戦後、改作され公開されるに至った。また戦後は仏画なども描いた。大正 12 年には京都市左京区下鴨に居を構え、昭和 49 年 2 月に京都市内の病院で老衰ため死去。享年 88 歳。
本展は、個人コレクションを中心に、小早川秋聲の代表作をはじめとした初期から晩年にいたる日本画約 110 点および資料から時代を切り取りつつ、その画業の全貌を紹介する初めての大規模回顧展である。